初めての方へ

学童保育の 新しいカタチ 基礎学力の向上と生活のフルサポート
共働きのお父さんお母さんが必要とするサービスをワンストップで。

ホーム > 初めての方へ > 講師紹介

講師紹介

施設長

河西 英幸(かさいひでゆき)

公立学童保育で約7年勤め、その後一旦異業種へ転職するも、自分の生きる道は学童しかないと決心し2015年8月に寺子屋に就職。真っ直ぐな性格と熱い保育観で、子ども達のお父さん的存在となり保育にあたっている。またけん玉など昔遊びも得意で、マイけん玉を持参し日々腕を磨いている。2016年1月より現職に就任。プライベートでは2児の父。
日本チャイルドマインダー認定委員会認定チャイルドマインダー所有

文字 恵野
副施設長

文字 恵野(もんじあやの)

2013年3月まで二年間、三鷹市の公立学童保育にて勤務。2013年4月より現職。
子どもたちの身近なお姉さん的存在で、常に子どもたちや保護者の方々に寄り添いながら、熱い保育観で保育を行う。
特に手芸と工作が得意で、保育中は子どもたちと楽しく工作を行っている。
中学校・高等学校教諭免許状所有。

文字 恵野
副施設長

高木優(たかぎゆう)

過去6年間公設民営学童保育を経験後、2015年1月より現職に就任。元来の明るいキャラクターと丁寧な対応で、子ども達・保護者様から厚い信頼を得る。また学生時代のバレーボール経験を生かして、外遊びの時には子ども達と一緒に体を動かして遊んでいる。
BTEC認定チャイルドマインダー所有

英語担当

アレックス先生

アフタースクール寺子屋英会話常勤講師。カリキュラム作成・英語教室責任者。
2005年より日本で子どもたちに英語を教え、2007年より現在までは、横浜市の小学校にて毎日英会話の授業を行っている。寺子屋の授業でも、毎回カードや音楽を使った楽しい授業を展開し、アレックス先生の授業は子どもたちに大人気。毎日子どもたちの元気な声が教室中に響き渡っている。その他、さまざまな国籍を持つ講師が自国の文化を紹介する、国際理解の授業をコーディネートする。

そろばん担当

望月勝先生

全日本珠算連盟教師。
かけ算九九未修得の幼児からもレッスンが可能な、徹底個別指導をする。珠算の目的は暗算力の他に「集中力・克己力・競争力を身に付ける」が持論。
段差の小さい階段を確実に登っていく「スモールステップ」で伸びる子はどんどん伸ばす。ステップアップが難しい子はじっくり指導してその子のつまずきの原因を把握し、検定に対応できるようしっかりサポートする。

そろばん担当

和田倉春美先生

全日本珠算連盟講師。

書道担当

高宮暉峰先生「書道教室責任者・カリキュラム作成担当」

日本書道教育連盟師範。6歳より書道を始める。18歳より和香会書道展に毎年出展し、24歳で読売書法展初入選を果たす。その後、入選・入賞は多数。以来、神奈川大学や六本木ヒルズ内アーテリジェントスクール、丸の内朝大学講師等の外部レッスン・TV・雑誌等メディアで幅広く活動中。 著書に、
『悪筆セラピー』(幻冬舎)
『まっすぐな線が引ければ字はうまくなる』(日本実業出版)
『くせ字・ダメ字が「いい字」になる練習帳』(かんき出版)
『九宮法トレーニングで字がうまくなる練習帳』(廣済堂出版)
『書き込み式美しい字になるボールペン字練習帳』(PHP研究所)
『書き込み式ボールペン字練習ドリル』(学研教育出版社)がある。
プライベートでは二児の母。

書道担当

目時尚子先生

書工房しら珠 主宰
日本書道教育学会 師範
日本デザイン書道作家協会 会員
1976年生まれ。岩手県二戸市出身。5歳より書道を始める。
17年間、アニメ・ゲーム業界の仕事に従事した後、日本の伝統文化である「書道」の魅力や、字を書く楽しさを多くの人々に伝えたいという思いから、2015年に独立。
現在、東京・恵比寿で「書工房しら珠」を主宰し、書道教室での指導・筆文字制作を行う傍ら、「書道のはな*みち」の講師として、毛筆・ペン字の指導を行っている。

書道担当

根本未樹先生

『自分の書で誰かの役に立ちたい!たくさんの人に笑顔や喜びを与えたい!書道の良さや楽しみを世界中の人に知ってもらいたい!』
この思いから地元福島県より東京へ上京し、2015年11月に書道家として独立。伝統的 な書道の文化を基盤とし、時代の変化に伴いつつ日々書道を研究し『新しい書道のス タイル』を世に生み出している。硬筆5段。

Copyright(c) Terakoya-After School. All rights reserved.